福島がもっと発展するために。
地元の を応援するメディア。

2020.01.15

福島県の分譲・賃貸住宅事情

よかっぺボタンを押して
このチャレンジを応援!

0よかっぺ

現在、最も人気がある地域のひとつとして挙げられる東北地方。

その中でも注目を集めているのがこちら福島です。

地元の方はもちろん、県外の人たちも興味を持ってもらうべく、各地域とも様々な町興しをはじめています。

そんな福島で色んなことにチャレンジしている人も、多いのではないでしょうか。

福島で頑張るには、毎日の暮らしの支えになる住居もしっかり整えておく必要があります。

ここでは「福島で暮らす」、「暮らしたい人」のために、福島の町興し事業や賃貸と分譲の状況などについて見てみましょう。

町興しの一環である「空き家の活用」

福島では各地域とも様々な町興しに取り組んでおり、それぞれの地域で魅力的な事業を行っています。

それら事業はホームページでも確認できますので、興味がある方は一度アクセスしてみてください。

さて、その事業のひとつに「空き家の活用」があり、多くの人たちを受け入れるため、小野町では地域興し協力隊「移住支援・空き家活用」の事業を開催し、同時にこちらに移住希望の方を募集しています。

小野町は豊富な自然に恵まれた地域であり、かつ交通アクセスが良いこともあって、他の地域から移住される人も少なくありません。

現在も多くの問い合わせがあり、その中でも主として首都圏からの定住・二地域居住者を積極的に受け入れているのです。

そのために活用されているのが空き家です。

空き家は全国的に問題になっており、各地域とも様々な対策に取り組んでいます。

そんな中、小野町は移住支援策として空き家の活用を行うことになりました。

移住支援・空き家活用募集の概要は次の通りです。

制度名:地域おこし協力隊

業務概要:移住支援・空き家活用

募集対象:各分野に興味のある者

平成31 年4月1日現在、年齢が20歳以上 55歳以下で、 心身ともに健康で誠実に職務を行うことができる方です。

3大都市圏をはじめとした都市地域等から小野町に生活の拠点を移し、住民票を異動させることが可能な方、または、地域おこし協力隊として同一地域における活動経験が2年以上あり、かつ、解嘱から1年以内で、小野町への移住及び住民票の異動が可能な方に限ります。

なお、勤務地は小野町役場で、こちらでは、移住コーディネート業務や移住後のアフターフォロー業務、空き家情報の収集などを行います。

詳細については小野町の公式サイトで確認してみてください。

「フリー画像 空き家」の画像検索結果

福島県の新築一戸建てや賃貸住宅の事情

これから福島県での生活を予定していて、建て替えを検討している人の中には、福島県の住宅事情が気になる方もいるのでないかと思います。

住宅には賃貸と分譲の形態がありますので、その中から自分に合わせた方法を選ぶことになります。

まずは福島県の住宅事情ですが、福島県の新築一戸建てについては、郡山市や福島市など県内の主要都市での供給が多いのが特徴です。

他に会津若松市やいわき市、白河市や相馬市などでも供給の実績があります。

福島市や郡山市では、土地の面積100平方メートル後半、建物面積は100~110平方メートルあたりが多く、間取りは4LDKの物件が比較的多く見られます。

福島県はバス網が発達していることもあり、バス利用圏でのキーワード検索も可能です。

さらに通勤や買い物の際に車を使用する家庭が比較的多いこともあり、車を2台以上停車できるような駐車場付きの物件にも人気があります。

賃貸住宅についても同じ傾向があり、駐車場が付いているかどうかが選択の大きなポイントと言えます。

福島では、分譲賃貸住宅とも人気があり、魅力的な物件が揃っていますので、気になる方は調べておきましょう。

そして福島県の物件選びでは、「親子のコミュニケーションが取れる間取りになっているか」という点も見逃せないポイントです。

比較的、親子のコミュニケーションが取りやすいと言われているのが一戸建て住宅になりますが、その際にはキッチンが大きな指標になってきます。

キッチンには様々な種類が存在しますが、コミュニケーションを重視するのであれば、キッチンがリビングの方を向いたものがおすすめです。

リビングに向いたキッチンであれば、家族と調理しながらのコミュニケーションが可能だからです。

いわゆる「対面式キッチン」ですが、こちらは分譲だけでなく賃貸アパートやマンションなどにもよく見られます。

対面キッチンの他には、リビングの中に階段がある「リビングイン階段」なども人気があります。

住宅の中には、リビングに吹き抜けを設けているものもあり、2階にある子供部屋と縦空間になった間取りもあるのです。

例えば玄関から和室まで直接行き来が可能な間取りであれば、そこにテレビやテーブルなどを置くのもいいと思います。

そうすることで、コミュニケーションの機会を広げることができます。

一方でリビングを家族全員で使える、「ワーキングルーム」にするのも方法の一つです。

このようにごく一般的な間取りであっても、工夫することで家族のコミュニケーションが可能になります。

分譲賃貸それぞれ、間取りを見ながら家族の暮らし方を決めるのも楽しいのではないでしょうか。

福島で賃貸住宅を選ぶメリット

福島で賃貸住宅にするメリットについて検証してみましょう。

それぞれのライフスタイルに柔軟に対応できる

これから福島県での生活を予定している人は、様々な希望があると思います。

今最も元気がある県の一つである福島では、色々なことに挑戦できます。

そんな一人一人のニーズを満たしてくれるのが、福島県にある賃貸住宅でもあるのです。

賃貸住宅であれば「子供が増えたので部屋数を多くしたい」、「子供独立したので部屋数を減らしたい」、「親の介護をすることになったので実家の近くに移りたい」など、それぞれのライフスタイルに合わせて住居を変えることができます。

部屋数の増減はもちろん住む場所の移動など、住み替えが簡単なのが賃貸住居の良い点だと言えるでしょう。

ライフサイクルはいつ変わるか分かりませんので、将来のために福島県の賃貸住宅を選ぶのもいいかもしれません。

設備のメンテナンスをする必要がない

分譲住宅の場合は、経年劣化の状態に合わせて修繕などの施工を行う必要が出てきますが、賃貸住宅であればその心配はありません。

修繕や管理といったメンテナンスについては、その全てを貸主側が対応してくれるからです。

福島県での生活では色々とすることもあると思いますので、メンテナンスなどの時間が気になる方におすすめです。

まとまった初期費用を用意する必要がない

賃貸住宅は、家賃の他に敷金や礼金などの必要経費が必要ですが、分譲になると手付金や登記費用などを合わせた、数百万円単位の初期費用を支払うことになります。

福島県への移転で何かと物入りの人もいると思いますが、そんな方はできるだけ初期費用を安く抑えたいはずです。

そのようなときに便利なのが、賃貸住宅です。

「フリー画像 賃貸住宅」の画像検索結果

福島での賃貸住宅のデメリット

福島県には賃貸住宅に関してメリットが多いのが特徴ですが、逆に以下のようなデメリットもありますので注意が必要です。

住宅に住み続けるときは家賃を支払い続ける必要がある

当然のことかもしれませんが、福島県で賃貸住宅に住むときには家賃を毎月支払う必要があります。

これが分譲住宅との大きな違いでもあるのです。

施工するのにオーナーの許可が必要

壁に穴を開けるなどの改造する際には、その度にオーナーの許可を取る必要があります。

福島県で行う事業に合わせて、自宅を改造したいという人もいるでしょう。

少し面倒くさいかもしれませんが、その場合はオーナーに連絡して許可を得る必要があります。

将来的に資産として残らない

賃貸住宅ですので、分譲住宅のように将来的に資産になることはありません。

福島で分譲住宅を購入するメリット

福島県で分譲住宅の購入を予定している方は、以下のメリットを得ることができます。

将来的に資産として残せる

福島県で分譲住宅を購入すれば、将来的に資産として残すことができます。

福島に移住したばかりで何かと出費が多いかもしれませんが、分譲住宅であれば子供や孫に資産として残すこともできるのです。

これは賃貸住宅のデメリットでもあります。

賃貸住宅よりスペックの高い物件を選びやすい

賃貸住宅の場合は、最初からスペックが決まっているのが一般的です。

一方で分譲住宅であれば、自分の好きなように設計できます。

福島の自然環境に合わせた住宅設計も可能ですので、自分の理想の間取りにしてみたい方は、分譲の方がいいかもしれません。

内装を自由にできる

これも賃貸住宅のデメリット部分になり、分譲住宅であれば自分の好きなように手を加えることができます。

万が一の時に支払い保障がある

福島県で新しいことに挑戦した際に、思いも寄らぬことで資金形成に影響が出てくることもあるでしょう。

そんなときでも分譲住宅であれば、万が一の支払い保障がありますので安心です。

福島で分譲住宅を購入するデメリット

福島で分譲住宅を購入する際には、以下のデメリットに注意しておきましょう。

期費用が高い

当然のことかもしれませんが、賃貸住宅と比べて分譲住宅は初期費用がかかるのが特徴です。

住居費以外の修繕や管理費用が発生する

賃貸住宅と比べて、分譲住宅には急な修繕や管理費用が必要になることがあります。

福島市などでは一戸建て住宅の供給が多いようですが、購入する際には各自の予算との相談も必要です。

不動産価値が変動することがある

分譲住宅の場合は、不動産の価値が変動する恐れがありますので、福島県の住宅の相場などをしっかり確認しておくことが大切です。

福島県の住宅の相場については、最寄りの不動産会社などに相談してみるのも良いでしょう。

福島県での生活が決まったら、できるだけ早めに訪れてみましょう。

魅力ある町づくりを行うため、福島では様々な町興し事業を行っています。

これから福島で、新しい生活を予定している方も多いのではないでしょうか。

そのために必要なのが住居であり、ここでは福島の分譲や賃貸住宅の事情について紹介していますので参考してみてください。

よかっぺボタンを押して
このチャレンジを応援!

0よかっぺ
SHARE
top