福島がもっと発展するために。
地元の を応援するメディア。

2019.12.09

福島県浪江町が誇る「なみえ焼そば」とは

よかっぺボタンを押して
このチャレンジを応援!

0よかっぺ

福島県には様々な名産がありますが、その中でも人気の逸品が「なみえ焼そば」ではないかと思います。

グルメ通の方の中には定期的に食している方もいるかもしれませんが、まだ食べたことがないという方は、是非一度食してみることをおすすめします。

その美味しさには、感動することは間違いありません。

なみえ焼そばは、福島県の浪江町から全国に向けて展開しており、通販でも購入できますので、この機会に堪能してみてはいかがでしょうか。

福島県浪江町が誇るなみえ焼そばの特徴や歴史、その魅力などを紹介します。

なみえ焼そばとはどんな焼そばか?

福島県で人気を呼んでいる食べ物もいくつかありますが、その中でも高い人気と知名度を誇っているのが、「なみえ焼そば」です。

なみえ焼そばは、福島県双葉郡浪江町で誕生した焼そばで、ご当地グルメの一つとして県民からも親しまれています。

全体的に太めの麺が特徴で、具にはモヤシと豚肉が入っており、それをラードで炒めた後に濃厚なソースで味付けしています。

これだけでも美味しさが伝わってきそうな感じがしますが、さらに美味しい食べ方があります。

それが一味唐辛子をかけることです。

焼そばの麺に一味唐辛子を振りかけると、さらに美味しさが倍増します。

現在では、なみえ焼そばに一味唐辛子を振りかけて食べるのが、グルメ通な食べ方とも言われています。

なみえ焼そば全てに流儀がある

福島県浪江町が自慢するなみえ焼そばは、麺を始め具や食べ方、お店などすべてに流儀があるのが特徴です。

今でこそなみえ焼そば全国に知れ渡るような人気の商品になっていますが、以前はそうではありませんでした。

そのきっかけになったのが、東日本大震災です。

皮肉にも、大震災がなみえ焼そばな名を知らしめるものになった、と言われています。

東日本大震災によって浪江町全体は避難指示区域になりましたが、その前のなみえ焼そばは浪江町内にある約20の飲食店で食べることができました。

当時は浪江町を始めとした、福島県内の人たちから親しまれていたのです。

当時は町興しのメインにもなっていたことから、全国的にファンが広がりつつある時期でもありました。

その後、東日本大震災による町興しで、浪江町のなみえ焼そばは一気に全国にその名が知れ渡るようになります。

現在ではかなりの人気を誇るなみえ焼そばですが、その一番の魅力はやはり麺にあります。

実際にひと目見るだけで解かるくらい、極端な太い麺になっているのが特徴です。

焼そばの中には確かに太い麺も存在しますが、なみえ焼そばのように極太の麺はそう多くはないでしょう。

浪江町に多くのお店が存在した時は、店舗ごとに麺の太さが違っていたこともありましたが、それでも基本的に麺は極太だったと言います。

しかも、焼そばに入っている具はラードを使って炒めていますので、仕上げられた麺はこってり感が漂っています。

さらに甘辛味のソースを吸わせていますので、より濃厚なものになります。

通常の焼そばには様々な具が入っているのが特徴ですが、なみえ焼そばは少し違っています。

こちらの焼そばの具は、豚バラともやしだけになっているのです。

焼そばと聞くと、普通は肉やもやしの他にネギや玉ねぎ、彩りのピーマンや新鮮な人参などが入っているのが特徴ですが、それではいけません。

それでは、やはりなみえ焼そばにはならないのです。

豚バラともやしだけで、それ以外の具が入っていたら、最早それはなみえ焼そばではありません。

それだからこそ、ファンが喜ぶ美味しいものへと仕上がるのです。

もやしと一味唐辛子の威力

なみえ焼そばには色々と魅力が多いのですが、もう一つとても重要なことがあります。

それがもやしの量であり、とにかくもやしの量が半端ではないことが挙げられます。

焼そばなので麺が多いのが特徴ですが、なみえ焼そばの場合はもやしの量が通常よりも多めで、麺よりも多く入っているのが特徴です。

さらにラードとソースが一緒になっていますので、味付けは超重量級にこってりと仕上がります。

もちろん豚バラ肉も大きいのが満遍なく入っていますので、お肉好きな方も十分に楽しむことができます。

ただなみえ焼そばの魅力は、やはり大量のもやしにあるようです。

なんと言っても炭水化物と比べて野菜は軽いので、食が進んでしまいます。

ますます食欲の方も増進することでしょう。

そして、なみえ焼そばにはコショウをかけないという点も見逃せません。

かけて良いのは一味唐辛子です。

お店で食べる時はもちろん、他地域からのお客さんであっても、お店のスタッフはいつでも「麺にはこれかけてね」と、目の前に一味唐辛子の瓶をドンと置いてくれるのが風物詩になっています。

確かに焼そばのソースには一味唐辛子がとてもよく合いますので、これから食べる方はその味を満喫してみてはいかがでしょうか。

なみえ焼そばにとっては一味唐辛子もポイントの一つと言えますので、ふと周りを見るとハンパではない量の一味唐辛子を麺に振りかけている人も少なくありません。

一味唐辛子の辛い刺激が、豚バラやラードの脂っぽさを上手に消してくれるようで、それが食欲を高めてくれるのです。

お店では、一見するととんでもない量に見える大盛りメニューを、年配の方たちも何なりと完食してしまう人も大勢います。

福島県浪江町までは距離があるので食べに行けないという方は、通販などでも手に入れることができますので、是非試してみてください。

自作による焼そば

浪江町がまだ復興の途上にあった時は、以前と同じようになみえ焼そばを食べることができたお店は限られていました。

例えば、二本松市に移転した「杉乃家」などが有名ですが、ごく限られたお店でしか食べることができなかったのです。

現在は焼そばを食べることができるお店が増えていますが、それでも現地まで訪れることが難しいという人は多いと思います。

そんな方におすすめしたいのが、お土産用のセット商品です。

なみえ焼そばも、福島県産品を販売しているお店で手に入れることができますので、自宅で食べてみたいという方には良いかと思います。

さらに「焼そば3食ギフト×3箱セット」は、ふるさと納税を活用すれば、寄附金額 10,000円もしくは10,000ポイントで手に入れることができます。

浪江町のふるさと納税はポイント制ですので、こちらは事前に確認しておきましょう。

なみえ焼そばは、通常の焼そばの麺よりも約3倍は太く、もっちり極太麺ですので贈答用にも最適です。

とてもシンプルに作られているように見えますが、麺やもやし、バラ肉を炒め、添付のオリジナル濃厚ソースを絡めるだけで簡単に調理することができます。

もちろん他の具を入れるなど、オリジナルなものに仕上げることも可能ですので、世界に一つだけの自分だけの焼そばに仕上げてみるのもいいかもしれません。

なみえ焼そばの歴史

なみえ焼そばは、元々は東日本旅客鉄道「JR東日本」常磐線浪江駅近くの居酒屋である、「浪江名物元祖焼そば 縄のれん」が発祥と言われています。

こちらのお店で初めて提供したのが1955年(昭和30年)と言います。

お店で極太の麺を使った焼そばを提供し始めたことから、それが次第に浪江町の名産品になったのです。

その後、2008年(平成20年)に浪江町商工会青年部が中心となって行われた町興しで、「浪江焼麺太国」と呼ばれる団体を設立します。

浪江焼麺太国はナポレオンを意識していると言われていて、頭上に焼そばが乗った特徴的なファッションに特徴があります。

やきそば太王を中心に広報活動を行っており、2009年の春からは愛Bリーグの北海道東北支部に加盟したことで話題になりました。

そして2010年に開催された「B-1グランプリ厚木大会」で、中間発表では12位の好位置をキープしたのですが、惜しくも10位までにランクインすることはできませんでした。

しかし、これが人気へと繋がったのではないかと思います。

そんな中で起きたのが、2011年3月11日の東日本大震災です。

これによって福島第一原子力発電所が事故に遭い、浪江町全体が避難指示区域になります。

東日本大震災によって浪江焼麺太国のメンバーたちは、避難のためバラバラになりますが、そんな時に参加した2011年のB-1グランプリ姫路大会では4位入賞を果たしています。

さらに2012年開催の北九州大会でも4位入賞を果たすなど、その活躍ぶりを伺えます。

そして遂に、2013年11月9日・10日に開催された愛知県豊川市の第8回B-1グランプリでは、1位を獲得しました。

これがきっかけとなり、その人気と知名度は全国へと広がることになります。

2011年10月24日には日清食品から、なみえ焼そばのカップ麺も販売され、その時の売り上げの一部が浪江焼麺太国の町興し活動の支援に使われました。

現在は、東北自動車道や常磐自動車道のサービスエリアでも販売されており、箱入りの商品ですので持ち帰りにも便利です。

南相馬鹿島サービスエリア(セデッセかしま)では軽食としても提供されていて、たくさんの人で賑わっています。

また地元の女子高校生たちがプロデュースした、NYTS(ナイツ)と呼ばれるアイドルユニットでは「恋する焼そば」を歌い、キャンペーンソングとしての人気も得ています。

こちらは地元の浪江町でなみえ焼そばを宣伝しており、メディアなどでも取り上げられることがよくあります。

Yahoo!のトップニュースなどでも写真付きで取り上げられたことがありますので、ご存知の方もいるかと思います。

現在ではメディアでも報道されるなど、なみえ焼そばは全国から親しまれる名産品へと成長しているのです。

まだ食べたことがないという方は、是非一度試してみてはいかがでしょうか。

その美味しさを実感できると思います。

福島県浪江町名部「なみえ焼そば」は、今では全国に知れ渡る名産品として知られています。

最初は地元のお店だけで振る舞われていましたが、東日本大震災による町興しで、一気にその人気が高まることになりました。

浪江町へ訪れるのが難しいという方は通販サイトや、ふるさと納税を活用してみてはいかがでしょうか。

他の焼そばにはにない太い麺と大量のもやしは圧巻です。

きっと満足できますので、浪江町が誇る逸品のなみえ焼そばを堪能してください。

ふるさと納税で福島を応援しませんか?

福島県浪江町をふるさと納税で応援しましょう。

そもそも「ふるさと納税」とは、ご自身の生まれ育ったふるさとや、愛着のある地を応援することの出来る寄附金制度です。

生まれ育ったふるさとやゆかりのある地、応援したいと思う区市町村に寄附をすることで、寄附主のあなたが今お住まいになっている区市町村の住民税や所得税が軽減されます。

内容によっては、なみえ焼きそばのように返礼品を受け取ることもできます。

「ふるさとを応援したい。」
「ふるさとの力になりたい。」
「お世話になったあの地に何か恩返しがしたい。」

そんなお気持ちを、ふるさと納税を通して伝えてみませんか。

福島県浪江町によるふるさと納税の寄附金の使い道は、以下の通りです。

  • 震災の記憶の継承
  • 新たな産業の振興
  • こども達の教育の支援
  • 町民の健康増進
  • 農林水産業の振興・環境整備
  • 町長におまかせ

福島県浪江町の返礼品は、親父の小言のお酒などの他にも、B級グルメとして一躍有名になったなみえ焼きそばや、伝統芸能品である相馬焼で作られた湯呑みや土瓶、さらにタンブラーなども用意されています。
なんと、返礼品の種類は170種類!それだけ浪江町には魅力がたくさんあるのです。

福島県浪江町を「応援する気持ち」「愛する気持ち」をかたちにしてみませんか。

その他にも、福島県内の各市町村でふるさと納税を実施しています。ぜひチェックしてみてくださいね。

よかっぺボタンを押して
このチャレンジを応援!

0よかっぺ
SHARE
top